© 2017 by misa namekawa

Gallery.

Holes of Space                                                                                                                                           2016 

 

Karami-stone is garbage after silver extraction. The room walls made of Karami-stone-bricks. There is no light except from the hole in the ceiling and the entrance.  To collect the subtle light, Namekawa used mirrors which are made of glass and coating silver on the back. Silver and Karami-stone which were separated by human being before, reunited in this space.

銀を採取した残り滓のからみ石、

この部屋の壁2面はからみ石で

できている。薄暗い部屋の

隙間から入る光を鏡を使って

集める。鏡は可視光線反射率が

金属中最大の銀をガラスの

裏打ちとして使っている。

人間の手により分離された

銀とからみ石がこの空間で

再会する。空間の闇は鉱山の

地下坑道の闇、宇宙の闇。

鏡に反射する光は、岩間に光る

銀、銀を含む様々な鉱物の大元

である宇宙の星々の光。

材料:からみ石、鏡、針金

Redscape projects                                                                                                                            2016 

Takarazuka Tenten, the Villa Seizan ( October & November,  2016     Takarazuka in Japan )

To show a strange landscape in a usual view is the “intension” of Redscape project. Spinning stainless plates by wind, often reflect the Viewer’s own image in the work, which the Viewer appreciates.

 The Art Space Kaoru

( January & February, 2016  Kobe in Japan ) 

Ami-Kanoko

( June & July,  2016  Osaka in Japan )

Myohouji temple

( April & May, 2016  Sacai in Japan )

真っ赤に塗られた色面と鏡や

ステンレスのような反射する面

を使って見慣れた風景を

違った風景に変えるのが

このプロジェクトである。

吊るされたステンレス板は

風により回転し、鑑賞者が

作品を見ていると思わず

そこに写り込んだ自分の姿を

発見することになる。

ギャラリー編では三次元の

抽象絵画に挑戦した。

BLOOD TYPE A B C D                                                                                                                   2015 

 

This is a three dimension drawing.

Namekawa sucks colored water into 3-5mm diameter transparency tubes. The color is running in it, and draw lines. This is the three dimension drawing. The total length of installed tubes are 1.2 km.

 

Gallery Ao / April, 2015 

これは三次元ドローイングである。

直径3~5㎜のビニールチューブ

一端から,、滑川はストローの要領で

色水を吸い上げる。

色が透明チューブの中を走る。

動く三次元ドローイングが始まる。

この展覧会で使用したチューブの

全長は1.2㎞であった。

 

ギャラリーAo /2015年4月

The Core

100 m

A Copy Paradise, the Light & Shadow                                                                                       2010 

 

The world is a copy paradise.

There is nothing without copying.

You and I are made by duplicated genes.

Copy is just copy.

Repetitiveness of duplication makes noise,

Original and replica are all most same,

but a little different.

 

Placing represent relations.

That is the beginning of society.

 

Light and Shadow,

It’s up to you which you see.

You are the only one who edit your life,

And make your story.

A  solo  exibition  at  Gallery  Circus  Circus

                                            November, 2010

Fingers’  Village  

about  900  pieces of  molded  artist’s  fingers / porcelain

Toe’s  Plants

108 pieces of molded artist’s toes, / plaster

コピー天国、その光と影

 ―群れには物語が生まれる

 

コピー

この世はコピーでできている

あなたもコピー 私もコピー 

 遺伝子のコピー

でもコピーはコピー 

 少しずつずれていく伝言ゲーム

ノイズが入って 歪みが出て 

 似ている でもちょっと違う

 

並べる

似たもの同士が集まって 

 少し変わった奴もいて

着かず離れず 組みつ組まれつ 

こうして関係が生まれる

関係は距離 社会 そして世界

 

光と影

何を見るか どこを見るかはあなた次第

どういう角度から見るかもあなた次第

光と影を作り出すのはあなた自身

Nipples’  Wall

241 pieces of molded artist’s nipples / porcelain

Direction                                                                                                                            1997, 2002 

 

printing  on  brown pare bags

I couldn’t move from a big tank of an aquarium. I was struck by a huge school of sardines.

A large mass of small, silver swam together one way, and suddenly changed direction. The dynamic dance was very attractive. Although it’s impossible to find a leader, the movement was amazingly unified. Before long, I felt it violent.

I expressed the dynamism by using collected index fingers.

Gallery  Circus  Circus  (2002,  Kobe/Japan)

私は水族館の大きな水槽の前で

群れを成して泳ぐイワシに圧倒され

あかずに眺めたことがある。

一見無個性に見える小さなイワシの

大きな塊のダイナミックなダンスは

暴力的でさえあった。

この集団の巨大なエネルギーを

人差し指の版画で表現した。

Fragile Art                                                                                                                               1999-2002 

 

The street Guerilla Exhibition in New York, 2002

     Since nothing can avoid transformation, is “Fragility” in the art work or in it’s concept ? “Fragile Art” begins with the destruction of a contemporary icon.

     The theme of “Fragile Art” is destruction and recreation. Every aspect, including the physical, biological, and mental spheres, represents a dynamic of death and rebirth. History itself reflects this dynamic. By simulating a historical deformation of the Statue of Liberty, I try to rethink the meaning of the freedom we associates with it. Over time, the statue will deteriorate. The ideas attached to it will also be forgotten or transformed. Our descendants, who will have new concepts of freedom, will see the broken Statue of liberty as we see Venus de Milo. Using symbolic destruction and reconstruction of this world icon, I envision a transformation of our current values to make room for a new view of freedom.

     For my project, I placed five-inch-tall plaster versions of the Statue of Liberty in the streets. After pedestrians kicked and stepped on them, I collected the broken pieces, assembled them back to their original form, and photographed them.

     The plaster statues represent me. I relate my own transformation to the changes created in them from being kicked and stepped on. Through printmaking, drawing, and painting, I have explored who I am since arriving in New York in 1995. Living in this international city made it impossible for me to remain the same. Parts of me changed from exposure to the variety of people and cultures. I wished to interact with them through my art, and started this project in 1999. The plaster statues were changed by pedestrians just as I was transformed by the people of New York.

 

     Although I couldn’t imagine the tragedy of the World Trade Center when I started my project in 1999, I was thinking about the transformation of the world for the 21st century. I believe that this incident is one of the most important turning points in history. Now is the time to create a new direction in our lives in order to live in peace. I hope “Fragile Art” will motivate people to find it.

Wall Street, btw. 7:00-9:00,

January 11th 2001

何物も変容から逃れられない

とするならば、壊れやすさは

作品そのものにあるのだろうか?

それともそのコンセプトに

あるのだろうか?

 

フラジャイル・アート

(壊れやすいアート)の

テーマは破壊と再生である。

物質的、生物学的、精神的な

あらゆる側面はダイナミックな

生と死を表現している。

歴史それ自体もこのダイナミックを

反映している。

自由の女神に起こるであろう

歴史的変容をシュミレーション

することで、自由の意味を

考え直してみるというのが

この作品のテーマである。

時を経るごとに像は変容する。

この像が体現するコンセプトは、

忘れ去られるのだろうか?

あるいは変化するのか?

現在とは違う自由に対する

考え方を持った私達の子孫は、

壊れた自由の女神を、

私たちがミロのビーナスを

見るように違った意味で

見るのだろうか。

この現在のイコンを

象徴的に破壊再生することで

新しい自由を考える

余地を作りたい。

 

このプロジェクトで、

私は15㎝の土産物の

自由の女神を

石膏でたくさん模りし、

それを街頭に置いた。

通行人が意識的であれ

無意識的であれ、それを

蹴ったりよけたりする

様子をビデオ撮影し、

その後すべての破片を

回収して、スタジオで

元の姿にできるだけ復元、

写真撮りした。

 

実は破壊され再生された

石膏の自由の女神は

私自身をも表してもいる。

版画・ドローイング・

ペインティングを通して、

私は自分にとって不変の

核となるものは何かを

追求してきた。しかし、

この他国籍の街に住み

変わらないということは

私には不可能だった。

多様な人々と文化に

さらされるうち、

ここにいる人々とアートを

通じて関わり合いと強く

感じるようになった。

こうしてこのプロジェクトが

1999年に始まった。

 

これを立ちあげた時は、

2001年の9・11の悲劇は

予想だに出来なかったが、

私は21世紀に向けて

行き詰まりをみせる

人類の未来に

何か新しい価値観をもたらす

変容が必要だと感じていた。

私はこの出来事が歴史上の

変節点であると信じている。

いまこそ、世界中の人々が

平和に暮らせる方向に向かう

流れになればよいと考える。

フラジャイル・アートがその

ひとつのきっかけになれば

これ以上嬉しいことはない。 

 

2001年