​滑川みざ/なめかわみさ/MisaNamekawa
​呼 吸
bubble-1.jpg

この展覧会の趣向は、city gallery 2320全体を

からだに見立てるということだ

1階が物質的な、2階が脳・マインドとしての

からだをイメージして作った

1階の塊とそれを繋ぐ色鮮やかなチューブは循環とネットワーク

チューブの一部は2階へつながっていく。しかし、

そこは色がない抽象的な世界。

2階正面はドットの部屋。

ボールペンや白い修正液で描かれたドットも

椅子や靴にグルーガンで描かれたドットも

滑川がそれを描くのに費やした時間の痕跡

時間は人間が作った尺度

その奥には暗く閉鎖された空間には泡があふれかえる

泡の壁に投影されるのは泡の映像

時々ビデオの川の流れと風の音が意識を切り裂く

                                                                                      ​2020/city gallery 2320