​滑川みざ/なめかわみさ/MisaNamekawa
略 歴 

私は20歳前後から表現を生活の中心に据えて生きてきた。初期の制作手段としては銅版画のエッチングという手法で、モノクロの世界を通して自分の内面を吐露していた。それを14~5年続けるうちに、興味は立体物も含め大きなサイズの作品へと移った。視覚だけではなく体全体で感じるものを作りたかった。アメリカ在住中は壁面サイズのドローイングや深紅のベルベットを使った立体物を制作した。そして、2010年頃からインスタレーションを手がけるようになった。作品を重ねるうちに自らの手で作るという作業は極力最小限にして、素材そのものをその場所でどう料理するかが面白いと思うようになった。

滑川 みさ 経歴

 

教育

1982 大阪大学人間科学部社会学科卒業

1982~1984 大阪市立美術研究所

1982・1986 武蔵野美術専門学校セミナー参加(リトグラフ・日本画)

1983~1991 銅版画を木村茂に師事

1995~2004 アメリカ(ニューヨーク)在住。1996年アーティストとしてグリーンカード取得

2004~2007 岡山県備前市にて焼き物を勉強

 

個展

1988 画廊みやざき(大阪)

1989 画廊みやざき(大阪)

1990 画廊みやざき(大阪)、ギャラリー翔(神戸)

1991 朝日ギャラリー(東京)

1993 ギャラリー茶屋町(大阪)

1994 ONギャラリー(大阪)、ジュレー(大阪)、大和ギャラリー(大阪)

1995 ギャラリー白(大阪)

1997 CAST IRON Gallery (New York, USA)、Lobby Gallery (New York, USA)

850 3rd Ave. Bldg. Lobby (New York, USA)

2001  Williamsburg Art & Historical Center (New York, USA)

2002 “Fragile Art" 路上展覧会4/2~5/16(New York 26か所)

2002 ギャラリーサーカス・サーカス(神戸)

2010 ギャラリーサーカス・サーカス(神戸)

2011 アトリエ2001(神戸)

2012 ギャラリーマーヤ(高槻)

2013 アートスペースかおる、野外展示(2月・4月・7月)

2014 メタモルフォーゼ(西宮)、ギャラリーマーヤ(高槻)

2015 アートスペースかおる、野外展示(2・3月)、ギャラリーAo(神戸)

ギャラリーマーヤ(高槻)、ギャラリー編・かのこ(大阪)

2016 アートスペースかおる野外展示(神戸)、妙法寺、野外展示(堺)

   Street Gallery(神戸)、ギャラリー編・かのこ(大阪)

2017 アートスペースかおる野外展示(神戸)、御蔵跡(大阪)、Space 31 (神戸)

2018 ギャラリー勇斎(奈良)、アートスペースかおる野外展示(神戸)、ギャラリーいろはに(堺)、スペース草(豊中)、御蔵跡(大阪)

2019 アートスペースかおる野外展示(神戸)、ギャラリーマーヤ(高槻)、スペース31(神戸)、

   Gallery 77M3(オーフス、デンマーク)、ギャラリーPaw(芦屋)、ギャラリーAo(神戸)

2020 city gallery(神戸)、Gallery Paw (芦屋)

主なパフォーマンス

2013 「け」(ナメカワ・ハルナリ・ハラミイシ!、アートスペース高瀬舟/芦屋)

   「てるてる坊主」(アートスペースかおる/神戸、福山)

2015 チューブドローイング(ギャラリーAo, 神戸)

「お湯らん、お茶会」(ナメカワ・ハルナリ・ハラミイシ!「昇天」風呂跡アート/神戸)

   「アデニン・グアニン・シトシン・チミン」(「体と音」展、風呂跡アート/神戸)

2016 「古墳母、お茶会」(堺アルテポルト黄金芸術祭、妙法寺/堺)

2018 「ダイブツ、お茶会」(個展「かみで遊ぶ」、ギャラリー勇斎/奈良)、花見で茶会(アートスペースかおる)

2019  運ぶ(海月文庫、テーマ「運」。自宅近くの高取山の石を、神戸の自宅から海月文庫に至る約37km、徒歩で約10時間かけて搬入)

 

アーティストインレジデンス、他

2012 The International Artworkshop 招待 (Gludsted in Denmark)

2013 Art in Movement (Denmark)

2017  The Kunsthalle and the Villages (Denmark)

2018 St Sjorup モニュメント制作

2019 ドレスデン(ドイツ)

 

掲載記事及び放送

Jマガジン(“89年最大の収穫 なめかわみさ個展”、1989年10月号)

朝日タウン誌(“なめかわみさ”個展、1991年5月25日)

朝日新聞(“人”、1995年8月2日)

Le Millennium (“アートって何?”、1998年11月、No.23)

BAC News (“Fragile Art“、2001年秋号)

OCS News (“Fragile Art”、2001年11月No.666, 12月No.667)

FOCUS (“The International Art Workshop 2012 er nu i gang“、2012年7月4日)

さくらFM(「ナメカワ・ハルナリ・ハラミイシ」、2013年6月6日)

ラジオ関西(まっこと!ラジオ人物事典、2014年5月25日)

読売新聞(「里山の芸術祭24組彩る」2014年10月6日)

神戸新聞、毎日新聞(風呂跡アート「昇天」、2015年6月8日)

読売テレビ(ニュースten、生野ルートダルジャン、2016年10月)

神戸新聞(「鉱山町でアート深堀り」、2020年3月10日)

 

主なグループ展

1982 大阪美術研究所展(天王寺美術館、大阪)、MA展(現代美術センター、大阪)

1984 全関西展(大阪美術館、大阪)

1985~1993 エッチャーの会(画廊みやざき・ギャラリーざぶ・ギャラリー喜多/大阪・奈良)

1986 全関西展(大阪美術館、大阪)、空の会(現代美術センター、大阪)

   エッチャーの会(画廊みやざき、大阪)

1987 許田しずこ&なめかわみさ二人展(画廊みやざき、大阪)、神戸市展(貿易センター、神戸)

エッチャーの会(画廊みやざき、大阪)

1988 現代版画コンクール(現代美術センター、大阪)、エッチャーの会(画廊みやざき、大阪)

1989  エッチャーの会(画廊みやざき、大阪)

1990 フリークショウ(画廊みやざき・ロンドンコネクション、大阪)、エッチャーの会(画廊みやざき、大阪)

1991 エッチャーの会(画廊みやざき、大阪)

1992 エッチャーの会(ギャラリーざぶ、大阪)

1994 現代版画コンクール(現代美術センター/大阪)、華展(ギャラリーポルテコ、神戸)

1996 JASSI Summer Celebration (St. Nicholas Church, New York in the USA)

1997 四人展(画廊みやざき、大阪)、第17回天理ビエンナーレ(東京・大阪・福岡・新潟・奈良)

1998 OAEP Present, the Living Portfolio (Bowary Studio, New York)

2002 Reactions (Exit Art, New York, USA)、Life of the City (MoMA, New York, USA)

      The Free Biennial (New York, USA)、Reactions (The Lobby Gallery, New York, USA)、Free Manifesta (Frankfurt, Germany)

2011  ぼんくら(御蔵跡、大阪)、踏み出し展(ギャラリー侑香、神戸)

わたくし美術館企画展(わたくし美術館、神戸)

2012 春の陶芸展(アートスペース高瀬舟、芦屋)

      The International Artworkshop Exhibition (Gludsted in Denmark)

   わたくし美術館企画展(わたくし美術館、神戸)

2013 点とストライプ(御蔵跡、大阪)、ナメカワ・ハルナリ・ハラミイシ!(アートスペース高瀬舟、芦屋)

千分の一展(御蔵跡、大阪)、夫々の形展(スペース草、大阪)

2014 わたしの空展(アートスペースかおる・ポエトハウス、神戸・大阪)、パフォーマンス展(スペース草、大阪)、音光-時間のあり方(御蔵跡、大阪)、縫う展(海月文庫、大阪)、

施美時間(鶴林寺、加古川)、版画と判子展(苺小屋、神戸)

春成こみち・滑川みさ・大西昇子展(アートスペースかおる、神戸)

カタルシス(御蔵跡、大阪)、船坂ビエンナーレ(船坂、西宮)

60年に一度の秘仏×現代アート(神積寺、兵庫県神埼郡)

2015 ナメカワ・ハルナリ・ハラミイシ!「昇天」(風呂跡アート、神戸)、宝塚てんてん(友金アパート、宝塚)

だ・か・ら 体と音(風呂跡アート、神戸)、千分の一展(御蔵跡、大阪)

2016 堺アルテポルト黄金芸術祭(妙法寺、堺)、ギャラリズム(PIAS Gallery、大阪)

   ナメカワ・ハルナリ・ハラミイシ!Vol.3「ひとくい」(モトコー196、神戸)

生野ルートダルジャン(購買會他、朝来)

   あさご芸術の森アートフェスティバル 風と光のページェント(あさご芸術の森美術館、朝来)

   宝塚てんてん(旧静山荘、宝塚)」、Chemical Reactions (Space31、神戸)

千分の一展(御蔵跡、大阪)

2017 ナメカワ・ハルナリ・ハラミイシ(アトリ2001、神戸)、宝塚てんてん(宝塚)、

明暗(海月文庫、大坂)、建材×アート(市川工務店、大坂)、

Chemical Reactions 2(Space31、神戸)、千分の一展(御蔵跡、大阪)

2018 三人展(アトリエ西宮、西宮)、二人展(6丁目野花、神戸)

   Chemical Reactions 3 (Space 31)

      宝塚てんてん(宝塚、兵庫)

2019 道(海月文庫、大阪)、吊るす(スペース〇〇、尼崎)

TRACE(Relic、堺)、棄民(アートスペースかおる、神戸)、

   素/発泡スチロール(ギャラリーPaw、芦屋)

   運(海月文庫、大阪)

   AiR2019(Kunst Galerie Hans, Dresden/Germany)

2020 生野ルートダルジャン(購買會、朝来)

   谷口あつ子・滑川みざ「モナドと影」(Art Step、神戸)

   「ずらす」(Relic、堺)

   ナメカワ・ハルナリ・ハラミイシ(Art Step、神戸)

   宝塚てんてん(宝塚、兵庫)

 

受賞

がんばろう東日本!アート支援助成事業(兵庫県芸術文化協会、2011年9月)

DCA Grants by the Brooklyn Arts Council, Inc & BAC-2001 Community Arts Regrant Program (2001年3月)